日本酒美容効果

日本酒には100種類以上の有効成分が含まれており、様々な美容効果があると言われています。

美白効果
美白効果

日本酒の原料に含まれるコウジ酸には、シミやほくろの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きがあるため、美白効果が期待できます。他にも保湿効果があるため、肌をしっとり潤してくれます。

老化防止
老化防止

美白効果はもちろん、コウジ酸は細胞の活性化や老化防止にも効果を発揮します。これはお肌にいいだけでなく、育毛にも有効であることが確認されています。また、日本酒には抗菌作用・抗酸化作用のあるフェルラ酸が多く含まれており、これが老化の原因となる活性酸素を除去する役割を果たしてくれると言われています。

血行促進
血行促進

日本酒は、飲んだ後の体温の上昇が他のアルコール飲料より2度ほど高いのが特徴で、さらにその体温を保つ効果があると言われています。これによって皮膚表面の血液循環が良くなり、肌のすみずみにまで血液中の栄養素が行き渡ります。また、女性に多い悩みである肩こり・偏頭痛の解消や冷え性の予防にも効果的です。

健康維持
健康維持

日本酒や酒粕には100種類以上の有効成分が含まれています。これらの機能成分は血管を詰まりにくくし、動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞などを予防するほか、アミノ酸が胃を丈夫にし、食欲を増進させる効果もあります。また、日本酒はお酒の中でも胃に優しく、胃潰瘍を防ぐと言われています。

リラクゼーション
リラクゼーション

日本酒には他のアルコール飲料よりもアデノシンが多量に含まれており、これが血管収縮を阻止する作用を備えていることがわかっています。つまり、収縮した血管が拡がり血液が流れやすくなるので、筋肉のこりがほぐれる効果があるのです。
また、日本酒の香りには神経を落ち着かせる作用があるとも言われています。

日本酒の特徴・種類
このページのTOPへ戻る