日本酒用語集

日本酒は地域・蔵元・製法によって様々な種類に分けられます。味や香りも千差万別なので、飲む人の好みに合わせて日本酒を選ぶことができます。

■ 甘酒(あまざけ)
甘酒(あまざけ)

もち米の粥に米麹を混ぜ、50〜60度で一昼夜発酵させたもの。「一夜酒」「なめ酒」などとも呼ばれる。

■ 男酒(おとこざけ)
男酒(おとこざけ))

仕込み水に硬水を用い、発酵を急進させた短期醪から醸出される辛口酒。やや酸味が強い。

■ 女酒(おんなざけ)
女酒(おんなざけ)

仕込み水に軟水を用い、穏やかに発酵させた長期醪から醸出される甘口酒。比較的酸味が少ない。

■ 活性酒(かっせいしゅ)・活性清酒(かっせいせいしゅ)

出荷の際に加熱・殺菌処理をしない濁り酒のこと。酵母菌が生きており、口に含むとぱちぱちとした心地よい刺激がある。

■ 生一本(きいっぽん)

米、米麹および水を原料とする、単一の製造場で醸造された純米酒。生一本とは「純粋でまじりけがない」という意味。

■ 貴醸酒(きじょうしゅ)

水ではなく清酒を用いて仕込み、長期熟成させた清酒。濃厚な甘口の風味が特徴で、主に食前酒として飲まれている。

■ 吟醸酒(ぎんじょうしゅ)

精米歩合60%以下の米、米麹、水、醸造アルコールを原料として造った酒で、固有の香味と色沢が良好なもの。フルーティな香りと上品な味わいが特徴。

■ 原酒(げんしゅ)

製成後、加水調整をしない清酒のこと。加水したものと比べ、アルコール度数が18〜20度と高めになる。「無加水」と同義。

■ 高酸味酒(こうさんみしゅ)

その名の通り、酸味の強い清酒。一般的な清酒は黄麹菌を使用するが、高酸味酒は白麹菌などを使用して製造する。
ほかにも、仕込みに酒を使うもの、紅麹菌を使うものなど、様々なタイプがある。

■ 高濃度酒(こうのうどしゅ)

24〜36度と、一般的なものに比べアルコール度数を高くした清酒。

■ 古酒(こしゅ)

一般的には三年以上熟成させた清酒のことを指す。ただし酒造現場では、前年度、あるいはそれ以前に造られた酒を全て古酒と呼ぶ。
これらは酒造年度(BY=ブリュワリー・イヤー)別に分けられ、9BY(平成9年製造)、13BY(平成13年製造)というように表示される。

■ 純米酒(じゅんまいしゅ)

米、米麹、および水を原料として造った酒。文字どおり、米だけで造られている。

■ 純米吟醸酒(じゅんまいぎんじょうしゅ)

精米歩合60%以下の米、米麹、水を原料とし、吟醸酒のうち醸造アルコールを使用せずに造ったもの。
一般の吟醸酒に比べ、穏やかな香りが特徴。

■ 純米大吟醸酒(じゅんまいだいぎんじょうしゅ)

精米歩合50%以下の米、米麹、水を原料とし、大吟醸酒のうち醸造アルコールを使用せずに造ったもの。
ふくよかで芳醇な味わいが特徴。

■ 新酒(しんしゅ)

製造年度(7月1日から翌年6月30日まで)内に出荷された酒。熟成が進んでいないため「新酒ばな」と呼ばれる特有の若い香りが残っている。
12月〜2月に販売されるのが一般的。

■ 樽酒(たるざけ)

杉製の樽に一定期間貯蔵され杉の木香がついた酒。樽の材料として、吉野杉が最高とされている。

■ 大吟醸酒(だいぎんじょうしゅ)

精米歩合50%以下の米、米麹、水、醸造アルコールを原料として造った酒で、固有の香味と色沢が特に良好なもの。
フルーティーで華やかな香りと、さらりとした味わいが特徴。

■ 濁酒(だくしゅ/どぶろく)

清酒と同じように醪(もろみ)を造り、これをこさずに、あるいは目の粗い布などでざっとこして飲む酒。
米粒や麹がそのまま入っており、微量の炭酸ガスを含んでいる。

■ 長期熟成酒(ちょうきじゅくせいしゅ)

3〜10年、あるいはそれ以上の期間熟成させた清酒。

■ 特別純米酒(とくべつじゅんまいしゅ)・特別本醸造酒(とくべつほんじょうぞうしゅ)

純米酒および本醸造酒のうち香味と色沢が特に良好であり、さらにその理由を製品のラベル等に表示できるものを指す。

■ 生酒(なましゅ/なまざけ)

搾ったあと一切加熱処理しない酒のこと。搾り立ての新鮮な味と香りが特徴で、通常冷やして飲む。

■ 生貯蔵酒(なまちょぞうしゅ)

火入れをせずに生のまま貯蔵し、出荷直前に一度だけ加熱処理をした清酒。

■ 発泡酒(はっぽうしゅ)

炭酸ガスを吹き込んだ清酒。アルコール度数は低く、8%程度のものが一般的。

■ 普通酒(ふつうしゅ)

醸造アルコールや糖類を添加して、味を調整した酒。「普通醸造酒」とも呼ばれる。
酒質により異なるが、醸造アルコールの使用量は白米1トンあたり500Lが一般的。

■ 本醸造酒(ほんじょうぞうしゅ)

精米歩合70%以下の米、米麹、水、醸造アルコールを原料として造った酒で、香味および色沢が良好なもの。

このページのTOPへ戻る